top of page

「ありがとうございました」

昨日、全国の強豪個人塾長たちが集うLINEグループ上で、


「最近子どもたちがみんな帰るときに『ありがとうございました!』って言って帰るけど、


昔からそんなだったっけ?


皆さんのところでは当たり前ですか?」


という話題が出ました。



「当たり前では?」と思いきや、


「全員ではないですね。言わん者もおります」


「半々ですかねー」


「最近浸透してきたんじゃないですか」


「『ありがとうございました』って言われるとどう答えていいか困るんですよね。

『どういたしまして』も変だし。

『ありがとう』って私は返事していますけど」


「僕は『おつかれー』とか『ういーっす』と答えてます」


などと、少し盛り上がっていました。



私は少々驚きました。


うちの生徒たちは、授業後には例外なく「ありがとうございましたー」と言って帰ります。


授業についていけなかった感じの子でも、


怒られてふてくされ気味な子でも、


あいさつとしてとりあえずそう言って帰ります。


もちろん、私が教え込んだわけではありません。


この地ならではの美風なんでしょうか?



考えてみれば、


こんなに毎日、浴びるがごとく、


「ありがとうございました」って言ってもらえる仕事も他になかなかないでしょう。

(学校の先生はともかく。)


恵まれた仕事というべき。


当たり前だと思ってはいけない、と思いました。


閲覧数:26回0件のコメント

Comments


bottom of page