top of page

「いい加減」な先生のもとで子どもが伸びることも、ある。

むかし 僕は色々劣等生でしたが



中でも音楽は極めて苦手でした。




小学生のときは、



音大を出たてのまじめで厳しく美人のK先生が苦手でした。

(もちろん、先生のせいにしてはいけないことは今ではわかっていますが。)




音符はまったく読めず(今でも、ですが)



楽器(リコーダー)は何も吹けず。




リコーダーをみんなで吹くときには



ひたすら吹いている真似をして



バレないかとビクビクしていました。




「笛のプリント」という楽譜集?があって、



みんな卒業時には2冊めくらいまで終わるのですが、



僕は1冊目の2枚目も終わりませんでした。




「音楽=苦手」というセルフ刷り込みが、



思春期になりかけの僕に定着しかけました。





中学に入って少し変わりました。



大らかで大ざっぱな(失礼!)中年男性のT先生は、



細かいことにあまり気を遣わない感じで、



僕は気が楽になりました。








音楽のテストの「実技」は、



授業時間を使ってみんなの前でやるのですが、



笛を吹けないやつは「歌う」だけでOKでした。





あれは中2だったか、



ある学期の「テスト」のときに



僕は



「こきりこ節」



を歌うことにしました。





富山県の民謡でしたっけ?



もちろんその学期の授業でやった歌です。






僕はみんなの前に立ち、



先生のキーボードに合わせて



こきりこ節を



どら声(&こぶし)を張り上げて超ノリノリ



で歌いました。






「こ~きりぃこ~の~、おおたあけ~えは、しぃちぃすぅうんごおぶう~じゃあ~」、と。










大ウケでした!!!





「ヒュー!!」とか



喝采するやつもいて、



僕はめっちゃいい気分になりました。



なに調子乗ってたんだか(汗)。






その後僕は



高校に入るころから



勝手に音楽が大好きになり、



今に至っています。








子どもを伸ばすのって、難しいことですよね。



意図的になんてなおさら。



そんなおこがましいこと、僕にはできないのかもしれません。



T先生が「良い先生」だったと言えるのかどうかも、



わかりません。





でも、



子どもの気持ちを挫きたくはないな、



というのはあって、



いや、ここ数年現場でそう感じたことです、



昔からそういう信念でやれていたわけではありません、




だから、やはり



大らかで上機嫌な先生でいたいと思います。






昔話にお付き合いいただき、ありがとうございました♪



閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page