top of page

「クールにやる奴はバカだ」とポールは歌った。

ザ・ビートルズに、「ヘイ・ジュード」という有名で人気な曲があります。


ポール・マッカートニー作詞作曲(名義はレノン=マッカートニー作となっていますが)、


言わずと知れた大大名曲ですね(敬称略、以下同じ)。


(45秒あたりから演奏が始まります笑)



この曲は歌詞もなかなか味わい深いです。


ポールが、バンド仲間であるジョン・レノンの息子、ジュリアン(=ジュード)を励ます内容になっていて、

(ジョン・レノンがオノ・ヨーコと再婚した後だったので、先妻との間の子のジュリアンはあまり構ってもらえず、ポールになついていたとか、そんなエピソードが残ります)


「悲しい歌もいい歌にしちゃえ」とか


「行ってあの子をゲットしろ。それがお前の運命だ」とか、


そんな面白いことを縷々歌っています。





で、私が大好きなフレーズが、2番の次の個所!



♪ Don't you know that it's a fool who plays it cool


 By making his world a little colder


「知らないのか、クールにやろうとするなんてバカなやつだ。


そうやって自分の世界を少しずつ冷たくしていくんだ」



みたいな意味でしょうか。



この2節だけでも、英語の文法や表現的に見ると


接続詞that

関係代名詞who

動名詞

make A B

比較級


などなど色々あって、まるで教科書のようですが(笑)、



秀逸だなと思うのが「韻」!

(大天才のポールに対して上からな言い方ですが汗)


そう、fool(フール)と cool(クール)。


cool(かっこいい、利口)じゃねえよ、fool(バカ)なんだよ、


とパンチの利いた語呂合わせになっています。



この語呂合わせはさらに、


cool(かっこいい、涼しい)じゃねえよ、cold(冷たい)になっちゃうんだよ


と、連想ゲームみたいに言葉を運んできます。



そしてその内容も・・・しびれますね!!!




さあ、今週も張り切って参りましょう。


老いも若きも、カッコつけてなんかいないで、必死に世界と対峙してまいりましょう!


閲覧数:27回0件のコメント

Comments


bottom of page