top of page

「テスト対策」だけでテスト対策がうまくいくなら苦労はない。

書き忘れていましたが


前の日曜日は


自習のために10~18時で塾を開放していました。



中2、中3が4人ほどきて、それぞれの時間で自習をがんばっていきました。





「今日は何する?」


と軽く訊いてみたところ、


「理社やります」


と答えた子が2人。




「理社」?


う~ん、もう少し絞ろうか(苦笑)。


理科と社会どっちをやる?



社会?


じゃあ歴史と地理どっちをする?


歴史?


OK!




・・・



そんな感じでやることを絞ってもらいました。


少し僕も手伝いました。


「1ページ終わった?じゃあ、クイズ(一問一答)を出すよ」、という形で。






3時間後、


H君は、理科の「状態変化」「気体」「水溶液」が終わったのみ。


Rさんは、歴史で、「安土桃山時代」までが終わったのみ。


2人ともなかなかクタクタのようでした♪




「のみ」って書いたけど、


まあそんなものでしょう。


それでいいんです。




時間がかかるんですよ、


勉強には。








直前に


「テスト対策授業」と称して、


「テストに出る大事なことをこのプリント1枚にまとめたぞ」


「これ暗記すれば7割取れる。これを覚えろ!練習しろ!」


といって、何時間かちょろっとやって


点が取れる。


入試に受かる。





それができれば、


ある意味、塾の理想形ですね。





それができる先生・指導者もいるのかもしれない。



あ、教科・学科によっては


それで済むものもあるでしょう。


例えば自動車運転免許の学科試験など。




でも、


英語も数学も理科も社会も、


そんなに甘くないと思うぞ~。


閲覧数:21回0件のコメント

Comments


bottom of page