top of page

「テスト対策」の功罪

かつて、成績にたいそう苦労した生徒がいました。

どの教科もいつも1桁代という状態で、

一生懸命素直にやってはいましたが、それを引き上げるのは困難を極めました。

1月の学調が近づいてきて、私はその生徒に、補習の時間を使って数学の計算問題を徹底的に練習させました。

学調の(入試もそうですが)数学は、毎回大体同じ形式。

前半には、計算問題など、最低限これは解けるっしょ的な問題があります。

その部分の問題を、何回も何回もやらせました。

やっていくうちに、本人も「できるじゃん」となって楽しくなってきました。

本番。

その生徒はそれらの問題をしっかり取ってきました。

点数も、大幅アップ(数学だけですが・・・)!平均点を超えていたかもしれません。

本人はもちろん大喜び。

お母様もたいへん喜び、感謝されました。

これは成功体験になっただろう。

これで本人に自信がつけばいいな。

ブレイクにつながればいいな。私はそう希望を持ちました。

現実はそんなに甘くありませんでした。

学年が上がり、内容はまた難しくなっていきます。

本人も(塾にいる間は)一生懸命でしたが、結局また地を這うような成績、元の木阿弥。

結局その生徒はある時点で気持ちが切れ、やめてしまいました。


形式やパターンが決まっている問題なら、

それをやり込むというのが過去問練習。

大問4は捨てようとか、大問1と2は手堅く取ろうとか、

細かいテクニック・コツのようなものが効き目を発揮します。

それは、英検とか、大学入試とか、

(うまくいけば)一回で終わるテストならいいかもしれません。

後腐れもなし!

でも、中学生にとってテストは、3年間ずっと続くものだし、

高校になってもレベルアップして続くものです。

1回か2回「過去問(あるいは予想問題)練習」で乗り切ったって、

実力が伴っていなければ、そのあと長続きはしません。

浮上のきっかけには・・・あまりなりません。

言ってみれば麻薬のようなもの。

そんなことを私は学びました。


もちろん、目の前のテストに全力を注ぐことは大事です。

今週も、追い込んでいきます。

でも、そんな過去の生徒のことをふっと思い出しました。


閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

没頭

Comments


bottom of page