top of page

「ノルマ」の悲劇

昔、ソ連という社会主義国家がありました。

私が小学生のときに崩壊しました。

崩壊の大きな原因に、イデオロギーに基づく「計画経済」というものがあったことは、有名ですね。

競争や貧富の差を避けるために、私企業の存在を否定し、企業はすべて国営。

首脳部がつくった計画に基づき、労働者にノルマが割り当てられる。

労働者の権利や福利厚生は手厚く保障。

結果どうなったか。

一生懸命働こうが、手を抜いて働こうが、ノルマさえ果たせば同じ給料・福利厚生を受けられたので、手抜きする人ばかりになったわけです。

結果としてあちこちに融通のきかないやる気のない店員、パンを買うために大行列、賢い人はコネを生かして行列をパス。

生産性は下がり、西側諸国に差をつけられ、ゴルバチョフの改革に至る・・・

壮大な実験というか、ウソのような歴史の事実ですね。


与えられた課題を(きちんと)こなすこと、それは確かに大事。

でも、「来ればいいんでしょ」「やりさえすればいいんでしょ」というノルマ感覚になってしまったら、

「上(先生)がなんとかしてくれるでしょ」という依存体質になってしまったら、

受け身になってしまったら、

指示に従うだけ、ぼーっと指示を待つだけになってしまったら、

そう、勉強だって、決して伸びることはありません。

いや、そういう子たちを見て私が感じてきたことは、

正直に言いますと、

「俺、この子の指導を間違っちゃったなあ・・・」

「この子を育てられなかったなあ・・・」

でした。

この後悔を繰り返したくないです。


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

肌感覚

没頭

Commentaires


bottom of page