top of page

「フィンランド式教育」は失敗だった、とフィンランド政府が認めた?!

9月3日付でこのような(↓)記事が


note(文章や作品を発表できるサイト)に投稿され、話題になっているようです。






「北欧の理想と現実」というアカウント名からは、


もともと「北欧(ブーム)」に批判的な立場であることが察せられますが、


それを割り引いても


信ぴょう性のある内容になっています。





要点は、


今年1月にフィンランド教育文化省がレポートを発表し、


その中で


「フィンランドの学力や教育水準、教育への公的投入は


1990年代以降低下し、停滞した」


と結論付けた、


というものです。


(ずいぶん潔い断言ぶりです。)



フィンランド国内でも大きな話題を呼び、


議論や反省を読んでいるそうです。





「フィンランド」


といえば、


2000年代半ばにOECD(経済開発協力機構)が開始した


「PISA(ピザ、学習到達度調査)」という国際学力テストで1位に輝き、


日本でも


「フィンランド式教育」ブームを引き起こし、


「教育」に関心がある人の間では


未だにもてはやされることの多い国ですね。




僕も


つい1年くらい前、


「フィンランドの学校の校長が日本の学校を見に来て、『日本の学校では個性が重視されていないねー』と驚き呆れていたyoutubeを見た」


と知人から聞かされました。



(僕自身は見ていません。


「そんなの知るか。


ひとの国の学校とか教育に口突っ込むなー」


としか思いませんでしたが💦)




その本国では、


政府が失敗を公式に認めているというのです。






↑教育文化省レポートの冒頭部分。


「本物」のように思われます。


書き込みや下線は坂内によるものです。


下線部には、「学力の低下」「フィンランド人の教育レベルの停滞」「教育への公的投入の漸減」


などとあります。





「教育」に関する信念はさまざまで、


「正解」も一概には言えないと思います。




ただ、僕も「教育」という業界に20年身を置いていますが、


人を引き付けて、引っ掻き回しては消えていく


新説や新理論が多いことも確かです。




現場で、


自分の頭で考えて、


試し実践していくことを


これからも僕は大事にしていきたいと思います。

閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示

肌感覚

没頭

コメント


bottom of page