top of page

「上」を目指すということ②

昔、バンドをやっていました(今も一応続けていますが)。

どのバンドでもそうだと思うんですが、メンバー間には時として「温度差」があり、

他のメンバーが「まあ、趣味のバンドだから(そんなに力まんでもいいんじゃない?)」などと言ったときには反発しました。

そりゃ、私だってプロなどめざしていたわけではありません。

しかし、最初に「趣味だから楽しく」「やれる範囲で」と言ってしまうと、

結局クオリティとかやる気が下がってしまう、と思ったのです。

・・・

勉強においても、そんなジレンマがある気がします。

「〇高に行ければ」「授業についていければ」「別に学年上位とか望んでないし」「そんなすごい大学めざすわけじゃないし」・・・

全部もっとも、というか一理あります。

人はだれしもコスパを考えて生きているわけですしね。

しかし。

人は10望んだら10きっちりできるというわけではありません。

それに、「ほどほどでいいや」とあまり意識してしまうと、

無意識に自分に課すハードルが下がり、結局パフォーマンスも低い・・・

ということをこれまで多々経験してきました。

具体的には、成績がいつまで経っても上がらないとか、高校行っても授業についていけないとか・・・。

日本の経済などの現状が厳しい今、そのようなユルい心構えで大丈夫か、という心配にも駆られます。


これは、生徒や親の批判ではありません。

これまでの自分の意識が低かったなと、塾講師としての反省です。

ここで勉強するのなら、どの子にもその子なりの全力での勉強をさせたいし、結果も味あわせたい、そのためにもっと試行錯誤をしなければならないなと、改めて思うのです。



閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page