top of page

「与えない方が強くなる」そう思って子育てをしてきました。

「必要なら、自分でやるって。興味を持ってから、図書館でもなんでも行って調べる。その方が頭に入る」


歌やりたいエレキ少年に、オレは何のアドバイスもない。ほんとに歌いたい時には、自分でわかる。情感を出すためにはどうしたらいいか。ん、ナオン口説きたい時の目で、自然に・・・そういうことが、自然にできてくる。」


                          矢沢永吉『成り上がり』、1978




「このように自分で考えた子供が、あるとき図書館でその関連の本を見つけると、もしかして自分が考えたものの答があるのではないか、とわくわくしてそれを読むだろう。何も考えていない子供に対して、大人が『この本を読みなさい』と与えた場合と、理解度が違ってくるのは歴然としている。好奇心は、このように自分の頭で考えるほど大きくなるのだ。

(中略)人間は、なにもすることがなければ考える生き物である。ようするに、なにも与えなければ、自分の頭の中で自分が欲しいものを作るようになる


                        森博嗣『集中力はいらない』、2018



ふっと、


昔あんな言葉があったなあ、


自分の子育て(自分だけでやったわけではありませんが!)で影響を受けたなあ、


あの本はどこにあるっけ?


と思い、本棚を漁って引っ張り出してきた言葉たち(↑)。




上の子が生まれたばかりの頃、


誰かにも


「あまり親が先回りして、あげたり教えたりしちゃダメだよ」


と言われた気がします。




要は、「あまり与えない」「不親切」がポリシー(?)の、


雑な父親だったと言えます(汗)。





塾の講師としてはどうか?


さすがに


「放っておく」というわけにはいきませんが、



やはり、あまり手取り足取り


便宜をはかったり教えたりしてあげるのは、


好きじゃない気がします。


そんなことしても身につかないですもん。



ちったー考えろ。


説明してみろ。


丁寧にやれ。


調べろ!


わかんなかったら聞きに来りゃいいじゃん?


そういう言葉を日々投げかける毎日。





自分が何になるか、


将来何を軸にして生きるか、


そんな大きなことは、私ごときの介入するところではありません。


(そういうことのできる


人間的スケールの大きな先生/親は、


本当にリスペクトしますが。)



ここは塾だから、


「勉強」を利用して


自分の力で自分で頑張る練習をしてもらいたい、


と思うのです。





そういえば、


私が若いころ影響を受けた言葉には、


こんな言葉(↓)もあったなあ。




「私が考える教育とは、多少なりとも悪い情況を与えて、それを乗り越えて行く能力をつけさせることですが、今は良い状況を与えるのが教育とされています。」


                          曽野綾子『人間の基本』、2012


閲覧数:35回0件のコメント

Comments


bottom of page