top of page

そもそも家庭は、くつろぎの場だと思うんです。

「昭和の頃は、親は全然子どもに構ってなんかいなかったよー。


親は親でみんな忙しかったし、生活に必死だったからねー。


親に関係なく子どもたちで世界つくって、遊んでたなあ」


なんて話を聞くことがあります。




僕は


その話がなんか好きです。


昭和の時代を理想化するわけではありませんが。




子どもは親とは別人格。


親のあずかり知らぬところで、


子どもが自力で自分自身の好きなことを見つけ、


育て、


というのが、


子どもにとって幸せなことである気がするからです。



自分のことで一生懸命、


という親の姿も好ましい気がしますよね。





さて現代。


「家庭学習は大事です。


保護者様が家庭学習にもしっかりかかわってください」


こんな呼びかけをする学校や塾の話を聞くと、


個人的な感覚ですが、


僕は違和感を抱くことがあります。





保護者様は多くの場合、


勉強のプロフェッショナルではありません。


生業をもち、


日々世の中で戦っておられるのです。


勉強のプロフェッショナルとして、


学校や塾の教師はいるのです。


そのプロのほうが、


勉強の(中身の)負担を保護者様にも強いるようなこと言います?


と。



「宿題ちゃんとやれ」と言うのは、大事だと僕は思いますが。


(ちなみに弊塾では「宿題」も基本的に出していません。)





教師のスタンスは、


「責任もってお預かりするので勉強に関してはお任せください」


「どうぞ丸投げしてくださって結構です!」


「ご家庭に負担はかけません!」


ではないかなあ、と。





現実にはあらゆる面で保護者様に


ご負担をおかけしていることを承知しています。



塾に行かせようという働きかけ、決断。


(塾に自分から行こうとする子どもはそうそういません。)


声かけ。


送り迎え。


そして信頼してくださっていること。



常に感謝しております。








勉強面で


お子様のことで悩み、


お子様に変わってもらいたい


と思う保護者様。



信頼いただければ全力で粘り強く指導させていただきます。


一度オレンジ塾にご連絡ください。


0558-66-1033


メールフォームは画面下にあります。


閲覧数:26回0件のコメント

Comentarios


bottom of page