top of page

「変わってきた」子がいます。

ここ数か月で「変わってきた」子たち、がいます。



あれほどあやふやでいい加減だった


英語の「基礎打ち」(時制の区別。球技の部活の練習のイメージでこんなふうに呼ぶようになりました)は、もう盤石


「不定詞の4つの意味を」


「形容詞の比較級・最上級の3つのパターンを説明して」


と問うとスラスラ答えてくれるようになりました。



英語を勉強するということについて、


リズムをつかむことができ始めたようです。



気がつくと


授業中いつも泳ぎがちだった視点が、しっかりこっちを向くように。



気がつくと


数学の乗法公式もサクっとマスター。


余裕な雰囲気さえ漂わすときも。




見ている側も嬉しいから、


やっている側も達成感でもっと嬉しいんじゃないかな(どうだろう?)。




坂内本当に頑張りました!!


と言いたいところですが(笑)、


保護者のご協力なしにはできなかったと痛感しているし、


もしかすると


卵の殻にひびが入って割れるように、


本人の中で、何かが変わったのかもしれません。




子どもの成長とはなかなかコントロール(←偉そうなこと書いてすみません)


できないものですね。



でも、これで飛躍のきっかけはできました。


あとは伸びるだけ!


伸び悩んでも大丈夫。


ここまでは戻れる、というところがガッチリしてきたから!


閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page