top of page

「夏期講習」の名称、やめます。

早いもので


もう期末テストが終わり、夏休みが近づいてきました。


夏休み、塾、といえば


「夏期講習」


日本社会に深く根付いた(?)「夏期講習」という言葉。


弊塾でも


開業以来夏期講習を行ってきましたが、


今年からその名称をやめます。



といって、もちろん、


夏休みにいつも通りで何もしないわけではありません。





経緯を説明すると、もともと


・夏期講習(日中):これまでの総復習(業者テキスト利用)


・通常授業(夜):2学期の内容の先取り


の2本立てで、夏休みの営業を行ってきましたが、


何年か前から、


日中の「夏期講習」も、「通常授業」と同じ内容、


つまりひたすら先(2学期の先取り)に進むことにしました。



だとしたら、


もう名称も区別する必要ないじゃん、と去年思い至り、


「夏休みには通常授業が増えて『特別日程』になる」


という形に、このたび変えることにしました。




実態は去年までと変わりません。




これまでの総復習?


確かに中3は休み明けに学調も控えているので、必要ではあります。



でも、


そういう課題は学校からも出ますしね。


総花的に速足であれこれ総復習をやってもあまり身につかない、


(↑もともとしっかり勉強してきた子はともかく)


というのがこれまでの実感です。





弊塾の夏休みの特別日程はシンプルです。


いつもの曜日・時間にプラスして、


週1日(中3は週2日)、別の曜日の


午後の時間帯に授業があります。


決まった曜日です。


どこかに固めて集中的にやるよりも、


毎週決まった曜日にきちんきちんとやる方がいい


と思います。



その曜日の午後の授業は、


数学+自習+英語


で約3時間半。




ご家庭には、


明日から順次お知らせをしていきます。


閲覧数:21回0件のコメント

Comments


bottom of page