top of page

「座ってりゃいい」メンタリティ

社会人になって、私もいっちょ前に、

意味の感じられない「会議」「研修」「研究会」「総会」等々に多々参加しました。

たぶん世の中にたくさんあるんじゃないかと思いますが・・・

定例・恒例だから、手続き・形式上必要だからってだけでやっているような会議。

もう大体は「事務局」とかで決めてあって、座ってりゃいいと言わんばかりの委員会。

一言も発言しない出席者。

講義を一時間聞いたからって、ブレインストーミングしたからって、

その後現場で何かに生かせましたか?という研修。

「議長団を選出します」「会計報告。収入・支出の順に読み上げます」

「閉会宣言」・・・不思議なお芝居みたいなのが続く総会。

「これでいいのかよ」と、もやもやしたり

しばしば怒りを感じたりしました。

最近は皆無といっていいほどそういう機会はなく済んでいますが。

コロナを機に、

そういう中身のない集まりが少しでも減るといいと思います(大きなお世話か)。


さて、うちの愛すべき下位層の子たちを見ていると、

塾の授業に来る(連れて来られる)その態度はおおむねとても素直です。

補習でも、指定すれば素直に来ます。

そのことは、まずは、いいことです。

来なければ、こっちは何もしてあげられないから。

「来てさえくれれば」それがこちらの最低要求ラインである、それは確かです。

(これらは皆、教師側の都合ではありますね。)

でも、「来て、座ってりゃいい」メンタリティを感じることしばしば。


学校でも、朝から晩まで、さっぱり分からない授業が続いているんだろうけど、

座ってりゃいい、と思うのは

「楽」だからでしょうね。

それはそれで人間の本性。

でもこれから世の中平和でも安泰でもない。

これでいいわきゃない。

私の授業でも、そんな彼ら彼女らを、もっと追い詰めて、脳みそ抉って、絞って、なおかつ楽しませていかないといけないな、と思います。



閲覧数:26回2件のコメント

2 comentários


篠原洋介
篠原洋介
05 de jul. de 2022

大人になって気づいたことがあります。「何かを知ることって楽しい。学ぶことって楽しい」と。座っているだけより、ずっと刺激的で面白いですよ。

Curtir
Respondendo a

ありがとうございます。

少しでも刺激🌶️を感じてもらえるように私も頑張ります♪

Curtir
bottom of page