top of page

「英単語」を覚えさせる指導はしていません。

弊塾では英語に力をいれていますが、



単語



の練習や、語彙を増やす、強化する、その他の指導は、





現時点で、あまりやっていません。






英語の勉強といえば「英単語を覚える」じゃないの?



それをサポートしてくれないの?



と思われる方も多いと思います。






やっていない(あるいは「できていない」)理由を



まとめて書いてみたいと思います。






まず、



①時間がとれないこと。



単語を覚えてもらうのにかかる時間



(「家で覚えてこい」ということが、基本的にできると思っていません。)



確認テストのためにかかる時間



「不合格」の子の指導のためにかかる時間



・・・



弊塾は「毎日塾」ではありません。



貴重な週1時間を頂いて、



有意義に使って、



学力を上げようとしています。




単語を覚えるためにダラダラと1時間を浪費することはできません。





②単語よりも文法が大事だと考えていること。



英語は、日本語と語順が違います。



英語は、語順のルールが厳格です。



英語には、一般動詞とbe動詞があります。



・・・



というところから始まり、



色々な文法が積みあがっていくわけなのですが、



上に書いた基本中の基本が理解できていない子が、どれほど多いことでしょう。





そうなってしまうと、



単語を知っていたところで、



「僕は朝食を食べなかったのでお腹がすいている」



みたいな簡単な文でさえ、永久に正しく作文できません。






文法がしっかりすれば



単語をそのルールにあてはめて使えばいい。




文法がしっかりする前にたくさん単語を浴びせるのは、



英語をマスターする(つまり文法を理解する)上で



邪魔になる



とさえ思います。





③暗記は自力でやるべきだと思っていること。



①とも被りますが、



塾や学校や家庭教師の先生は、



「あなた」ではありません。




毎日24時間付き添えるわけもないし、



影武者にもなれません。



少なくとも僕は。





塾屋が言うのもなんですが、



用語や単語を暗記して覚えるなんて、




自力でやれなくてどうするのでしょうか。







大事な(でもないがしろにされやすい)「基礎」は、



徹底的に教えます。




僕なりに学びへのモチベーション付けもします。







そこから先の「枝葉」あるいは「応用」は、



自力でやるべきです。




それでこそ伸びると思うんです。





なぜなら、



教師が「あれをやれ、これをやれ」と指定することは、



生徒の勉強に「上限」を設けていることだからです。











一応付け加えておくと、



語彙増強の努力を何もしていないわけではありません。




「毎日音読」で、



教科書は何回も読んでもらっているし。





高校部では、



毎回授業の最初に英単語のテストをしています。






でも



中学の授業では、



上のような理由で、単語のテスト等はほぼやらなくなりました。





そんな今の方が、



英語の成績は着実に上がってきたと思っています。



閲覧数:36回0件のコメント

Comments


bottom of page