top of page

「親は子の個性をつぶしにかかれ」とその人は言った。

はるか昔、



僕が高校生だったとき



(このネタ最近多い気がする💦)



国語のW先生が授業で言っていました。






どういう話のつながりだったか忘れましたが、





「親は子どもを『普通に』育てるべきです」



と。



「平凡に」、だったかな??



言葉は正確である保証がありませんが・・・。






「子どもの『個性』が出てきて『普通』とぶつかるなら、親はそれ(※子どもの個性のほう)をつぶしにかかるべきなんです」



みたいなことまで仰っていた記憶があります。





「本当の『個性』なら、そういうのをはねのけて輝くはずだから」



と。





生意気な年ごろに聞いたからでしょうか、



妙に記憶に残りました。




この言葉だけがもとではないですが、



自分の子育てでもそんな方針でいったような気がします。



さすがに「つぶしにかかり」まではしませんでしたが・・・。



いや、ときには「壁」を演じたときもあるかも。








異論も反例もあると思います。





甘い甘い!!



親は子どもによかれと思うものを



惜しみなく与えてやるべきだろうが!



とか。




あの天才プレイヤーは



物心つく前から親が英才教育をしたから



あそこまですごくなったんだ✨



とか。






ケース・バイ・ケースでしょうし、



子育てに正解もないから



僕は反論する気もありませんが、





でも、



「親は全然〇のことわからないけど、おもしろいと思ったから自力でどんどん〇を極めていったんだ」



というストーリーになるほうが



その子のプライドポイントにつながる気は、



僕はします。



たぶん。



閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page