top of page

【不定期連載】三語短文:「組織・要領・炭」で一文を。

弊塾では



小学部の国語の授業で



「三語短文」というものをやっています。




僕が考案したものではなく



先輩の塾長に教えてもらったもので、



3つの言葉を全部使って25字以内の文を作れ!



というものです。




僕は



学校の漢字ドリルの中から



意味を知らない言葉を



意味を調べてもらった上で



3つ使って問題にしています。







意外とルールとして秀逸なのは



「字数制限」



です。





制限があるところで



思考はよく発揮されるものですよね。







さて、



①「慣用句・資料・公表」



②「旧友・交易・容易」



③「組織・要領・炭」




こんなお題があったら、



皆さんならどんな文を作りますか???










弊塾の生徒が作った文は、



こんな感じでした。



①→

慣用句の資料を作れと言ったのにできてない。公表ができない」と社長。

(字数オーバー)


「慣用句の資料まだか、フィル。発表が遅れてしまう。頼むよ」と催促する社長。










②→旧友に交易しないかと聞いたら容易にOKをもらった。


「久しぶりだなダレン、商売どう?いい感じ?そうだ、今度交易しないか?うん、いいね!」と同窓会で話し合う二人。






③→悪の組織に入っている要領のいい人が炭を燃やしている。


悪の組織の方々・・・。





・・・いかがでしたでしょうか?





弊塾小学部の国語の授業では



・名作の音読



・三語短文



・出口式『はじめての論理国語』シリーズ



などを使って、



語彙力と論理力を育てています。





国語は



教えるのが難しい教科ではありますが、



絶対に必要な勉強だと考えているので、



今後も模索・強化していきたいと思います!

閲覧数:45回0件のコメント

Comments


bottom of page