top of page

【不定期連載】三語短文:変革・敬語・筋道→?

弊塾では



小学部の国語の授業で



「三語短文」をやっています。






僕が考案したものではなく



先輩の塾長に教えてもらったもので、



3つの言葉を全部使って25字以内の文を作れ!



というものです。






学校の漢字ドリル等の中から



意味を知らない言葉を



意味を調べてもらった上で



3つ使って問題にしています。








例えば、



①「変革・筋道・敬語」



②「鉄板・深海魚・深める」



③「包囲・自覚・労働」



④「良好・苦笑い・出典」



⑤「伝説・確かに・複数」




こんなお題があったら、



皆さんならどんな文を作りますか?










弊塾の生徒が作った文は、



こんな感じでした。







①→

社会の変革の筋道を決め、それを敬語でつたえ合う。


「次世代への投資をもっと増やさなきゃいけないと俺は思うよ、ジョン・・・じゃない、今以上に増やさないといけないと私は思います、ミスター・ホワイト」「敬語で話し合うのがわれわれの決まりですよ」







②→

鉄板で深海魚を焼いて食べ、家で深めるまで宿題をした。


作者のYさんいわく、大人たちがダラダラ飲んで食っている間、子どもたちは暇になったので、家に入って宿題をやった、というストーリーらしいです(笑)。










③→

僕は天才と自覚してるのに包囲され労働にはげむ。


「くそーくそー、俺は天才なのに。こんなことさせやがって!!!」









④→

良好な出典だと思っていたが、友達に苦笑いされた。


インターネットリテラシー。ちゃんと出典を確かめること。鵜呑みにしないこと。大事ですね・・・。











⑤→

わたしの住んでいる都市には、伝説が、確かに複数ある。


「今日は、この町の、二番目の伝説について話そう・・・」







・・・いかがでしたでしょうか?





弊塾小学部の国語の授業では



・名作の音読



・三語短文



・出口式『はじめての論理国語』シリーズ



などを使って、



語彙力と論理力を育てています。





国語は



教えるのが難しい教科ですが、



絶対に



必要な勉強だと考えているので、



模索・強化していきたいと思います。


閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

没頭

Comments


bottom of page