top of page

【中学英語】そういえば僕らは「彼ら」なんて言葉、普通は使わない。

中学生の英語が始まりました。




一般動詞とbeの区別



語順



発音(フォニックス)




などなど、



たくさんの要注意ポイントがありますが






最近



「主語」



というのも地味に面倒な奴ではないか、



と思うようになりました。







最近こんな現象(↓)が多いことに気がつくようになったのです。




①「あなたたち」をtheyと訳す子が結構いる。



どうやら、日本語のレベルで、



「あなたたち」と「彼ら」を混同している。



というか、その意味をわかってない。





②we(私たち)を「みんな」と訳す子が結構いる。






まあ、



「彼」も「彼女」も「彼ら」も「彼女ら」も、



普通の会話では



実はあまり言いませんよね。



「あいつら」とか「やつら」なら言うかもしれませんが。






「私たち」も、



(「私」や「あなた」も結局同じですが)



改まった場合ででもなければ



わざわざ言いません。



「俺ら」とか「うちら」なら言うかもしれませんが。





だからそんな間違いも理解できます。



もちろん訂正し、



慣れさせていくのですが。









日本語ではしばしば主語が省略されることは有名ですね。






それだけでなく、



そもそも



「私」と「あなた」をはっきり区別する感覚が日本語にはない(!)、



というような説を、かなり昔、本で読みました。



(出典を示せず申し訳ないのですが、学問的な本でした。)







例えば



本来一人称の「手前」は、



なまっていますが



「てめえ」という二人称の言葉に



いつの間にかなっています。








「自分」て、「I(アイ)」を意味するはずですよね?





でもうんと昔、関西の人に



自分(=お前)、大丈夫か?」



と聞かれたことが僕にはあります。



大変面食らいましたが。





それどころか、



「彼女は自分が正しいと思っている」



「彼らは自分たちの荷物をまとめた」



など、



「自分」って、



あらゆる人称に使われていますよね!




「自分」=「I(アイ)」ではないらしいのです。








結論(いや、仮説か)。



どうやら



僕ら日本人、



その子どもたちは、



主語のない世界、



もしくは主語の力が希薄な世界に住んでいます。







そんなことも含めて、



中学英語の教科書の最初の1ページ、



つまづきポイントだらけなので、



通過するのは容易ではないのです!



閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

没頭

Comentários


bottom of page