top of page

【成長】自分の間違いに自分で気がつくようになること。

例えば



弊塾で小学生に国語の授業をするとき、



絵本の音読をさせてみるのですが、





まあー



みんなでたらめに読みます。






書かれていない文字を勝手に読んだり



書かれている文字を読み飛ばしたり。






まあ、雑に読んでいるんですね。




落ち着いて読む



正しく読み取ろうとする



書かれている内容をしっかり頭の中で通過させる



といったことに



慣れていないのだと思います。





当然、文章の読解は不正確というか不十分なものになります。




音読させてみるとすぐにわかります。






だから、



「ゆっくり読もう」



「指で文をなぞって読もう」



なんて指導をしたりします。







そんな子が、



読むときに




自分の読んだ間違いに気がついて



すぐにその場で訂正しながら読むようになると



小さな変化ですけど、



成長の兆しを感じて嬉しくなったりするのです。






そういう姿勢ができれば



成績向上は遠くないでしょう。

↑ここにも、自分の間違いを自分で訂正しながら解いていった痕跡が・・・

閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page