top of page

〇〇〇すれば、字はきれいに書けるようになる?!

弊塾の、とくに男子では、


英語や数学の内容云々の前に


「字が汚い」(あと、「姿勢が悪い」)


というのが気になる子が多々います。




成績の低迷する子は、大体字が汚い(雑)です。


アインシュタインやカール・マルクスはすさまじい悪筆だったそうですが、


天才ならぬ我々や生徒の場合、


字が汚い(雑である)



問題全般を雑に処理している

(そういう習慣が身に染みついている)



成績低迷


というケースが非常に多いと


経験知的には言わざるを得ません。





かといって、


「字をきれいに書け」


と言うのも、そう簡単な指導ではないんですよねー。



私も字が汚いほうです。


少なくとも、「きれいな字だ」と言われたことは


生まれてこの方、記憶の限り一回もありません(泣)。




一生懸命書いているんですよー、本人は。


汚くなっちゃうんですよー。




「字をきれいに書きなさい」


と言われても


途方に暮れちゃうんですよ。



「うっせーなあ」と


思われてしまうかもしれません。


精神論じゃないアドバイスをしてあげなければなりません。







今日は、N君に


「字の最後の止めるところ、しっかり止めてみな」


と言いました。


私もときどき思い出して自分でやってみる方法です。




「字をシャーっと書き散らすんじゃなくて、


最後しっかり止めてみろ。


自分の書く字に、責任を持つような気持ちで!」


と。




そうすると、


こんな感じ(↑)だったのが、







こんな感じに(↑)、


だいぶよくなりました!


縦の線が、だいぶしっかりしましたね。




これを気を付けてやると、


力が必要になるので


自然に左手が紙の上に置かれ、ひじをつかなくなっていました。




また、


書くのに時間がかかるためか、


少し余裕を持って、考えながら書くようになっていました。




いいぞいいぞ!!



しばらくこのN君に対しては、


これを呪文のように連呼していこうと思います。






自分の悪筆がどうも困る、という方!


どうぞお試しあれ!!

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page