top of page

そんな簡単に教えてたまるか。

質問にくるのはいい。




けど、



正解、あるいは



正解である式



を聞きたい(だけ)



というのが見て取れるときには、




僕はやはり正義の怒りを発します。



いや、



怒りに流されぬように気はつけながら。







例えばこんな問題があったとします。



「ひもを2.4m切り取りました。これははじめのひもの長さの3/5です。はじめのひもの長さは何mでしたか」



大人でもパッとは出てこないでしょう。

僕は、パッと出せません。






こんな問題で



「これは割り算ですか?」



と聞かれる場合。






待て。



キミはなんでそう思ったんだい?



「・・・」



この問題、どう考える?



「・・・」



「はじめのひもの3/5が2.4m」

なんだよね?

この文を、式にしなきゃね。

できる?



「・・・」


(以下略)





この時点で、



「結局答えはなんなんだ?」



「結局、式はなんなんだよ?」



とか思っているんだろうなあ。






ボタン押せばポンと一発で答えが出てくると思ってるんだろうな。





2段階、あるいは3段階で



問題解決に近づいていくこととか、



思いもつかないんだろうなあ。






根は深い。



いや、鍛えていかなければ。



ポンと一発で良くなりなどはしないけれど。

閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

没頭

Comments


bottom of page