top of page

たかが自学、されど自学

クーラーガンガンの教室にも暑さが攻め込んでくるような酷暑の中、中3生たちの学調前自習が行われました。

みんな3時間、人によっては4時間や4時間半、本当にがんばっていました。


まあ、でも時間は正直足りないですよね(やるべきことは山のようにあって)。

社会や数学をそれぞれ勉強していましたが、

学調に備えて、2年間の総復習だ!

というには、準備不足の感も否めず・・・。

社会は、eトレから地理・歴史の重要用語集を出して復習させてみました。

何をやったらいいか見当がついていなかったのでしょう、

とりあえず「自習室」を持ってきて最初のページからコツコツやろうとするのですが、それではあまりに悠長すぎるので(「自習室」の批判ではありません)。

これだけの量の用語を覚えなければいけないこと、認識してました?

数学も、やはりそんなにたくさんのことはできませんでした。でも今日角度をしっかり勉強できたようだから、本番でも角度の問題には「できる」感覚をもって臨めるんじゃないかな。

・・・

でも、テスト(学調)前に、集中的に自主的に勉強をやるということを、これまであまり習慣的にやってこなかった(やる環境にいたことがなかった、もっと言うと私がそのように追い込んでこなかった)のだから、仕方がない。

そんな彼ら彼女らの自学を、自学だからと放置・放任していいはずはありませんが、やがて自力で行えるようにならないと意味がない(大体もし私が「神講師」だったとしても、全範囲で必ず点の上がる対策授業なんてできません)。

指導のさじ加減、私も試行錯誤ですが、

多少不器用でも遠回りでもいいので、自分なりのやりかたでの自学の力をつけていってほしいのです!

机に長い時間向かう集中力、みたいなところから始まって。

さあ、明日もがんばろう!



閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

肌感覚

没頭

Comentarios


bottom of page