top of page

つらいよな。

「課題をとりあえず出せばいいんでしょメンタリティ」


「その時間の間は座っていればOKでしょメンタリティ」


これは、勉強に苦戦する子からなかなか抜けません。


(いや、勉強できる人でもそれはあるかもしれないか・・・。)




無理もありません。


長年にわたり、勉強への苦手意識が積もりに積もった状態。


勉強といえば、怒られたり、笑われたり、呆れられたりという経験が積み重なった状態。


勉強=よくわからない

勉強=退屈

勉強=眠い

勉強=怒られる

勉強=苦役

勉強=つらい


モチベーションは退化しきってしまった状態。


そのような子たちに、


「勉強への攻めの姿勢!」


なんてことを説いても、


ほら、ふわ~っと右から左に抜けていきます。




そんなメンタリティの子たちに、


プリント爆撃!とばかりにガツガツ課題を与えるのは、


何もしないよりはいいのかもしれませんが、


まさに「糠に釘」「のれんに腕押し」といったところです。


土台が砂みたいなもので、積んでも積んでもサラサラ崩れていきます。






どうすればいいか?






その子たちのプライド


楽しさ


そんなものが重要なキーワードかな。


自分もそうそううまくいっているわけではありませんが。




未来を担う大事な生徒たちに、形だけの無駄な苦労はさせたくない。


将来、何も考えず与えられるのを待つだけの大人になってほしくもない。


明日も現場で行動しつつ思考を重ねたい、思考しつつ行動したいと思います。




閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

没頭

Комментарии


bottom of page