top of page

ま、ぼちぼち行きまひょ。

いよいよ週明けて25日(月)より、夏期講習が始まります!


かつて他塾さんに講師として勤務していたときには、午前中から夜まで詰め詰めで結構大変でした。

多くの塾は夏期講習を「既習事項の総復習」の期間ととらえ、

(中3だと9月初めに学調が控えていますからね)

まあ塾向けに教材会社さんが作る5教科ドカッと合本になった夏期教材を使って、

それをコンプリートすべく自分でどんどん解き進ませたり、

解説したりするんだと思います。

私もそれを使ったり、しかしなんか内容が納得いかなくなって自分で問題(集)を作ったりしました。

自分で作り始めてしまったら、当たり前ですが結構大変で、夜遅くまでパソコンに向かったりコピーしたり、やれやれ困ったものだ・・・と思っていたものです。


今は、自分が楽になるようにかなり変えました!(キリッ)

①授業は全部午後。

そして、

②内容は、「既習事項の総復習」ではなく、普段の授業と同じく、「どんどん先に行く」というものにしました。

2学期の先取りです。

「総復習」?いや、かいつまんであれもこれも速足で「復習」したって、

生徒は次から次に「終わらす」ために頑張るだけで、覚えるわけではないですもん。

「復習」は、腰を据えてやらないと意味がないと思うんです。


(③そういうわけで、「夏期教材」を買ったり、「夏期講習用特別プリント」を自作したりする出費や労もなくしました!)


生徒に対しても、

「さあ夏だっ。ハチマキは締めたか?よぉし、気合入れてくぞー!!!」

みたいなものとして伝えていません。

普段の授業が、週(各学年ごとに決まった曜日の)もう1日、増えるだけです。

中1は水曜日、中2は月曜日。中3はもう少し増えますが。

連続した日にちに固めていないのは、コンスタントに勉強を続けてほしいから。

ある期間ガ-頑張ること、それも大きな目標が出てきたときに大事なことです。

が、この地域の子たちにとっては、

普段から、少しずつ、欠かさずに、コツコツ、中身のある勉強を続ける

ようにしていくことの方が大事だと思うからです。


そういう感じで、都市部の塾さんからしたら、まことにユルく見えるかもしれませんが、

我々なりに勝負の夏です。

頑張ります。

Have a nice weekend !


閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

肌感覚

没頭

Comments


bottom of page