top of page

ゆっくり運転。

最近、授業でつとめて心がけていることは


「ゆっくり運転」


です!




先日は中1の数学で、


「垂直二等分線」について授業をしました。


垂直二等分線をやったら、ついでに「角の二等分線」もやってしまいたくなるところ。


テキストでも両方とも一つの単元にまとめてありますし。


問題も、「垂直二等分線」「角の二等分線」で1時間くらいの分量になっています。




しかし!


ここはグッとこらえて、欲張るのをやめ、


「垂直二等分線」のみをじっくりやりました。


生徒が問題を全部やってしまったら

(演習の時間は、できた生徒が私のところにきて答え合わせをするので、各自のペースで1ページが終わることが多いのです)


「よし、今日進むのはここまで!」


なんて言葉をかけました。


これ、最近気に入っている言葉かけです。


生徒の方に「よっしゃ!」みたいな気持ちが広がるのが見て取れるからです。


余った時間は前の単元の復習の問題をしたり。




一方で私は


学校の授業よりも先取りをしたいので、


さくさく進めるために、


「教える」「練習させる」ところは本当に大事なところに絞ります。


「あれもこれも」やろうとしてしまうのは、


子どもを教える上では(常にとは言いませんが)悪手なのかなと、最近思います。




生徒に、


「ほう、こんなもんか。できたできた!次もがんばろう♪」


と思ってもらいたいのです。


ファーストコンタクト、第一印象、


が悪いものになってしまったら挽回が難しいなと思うのです。


閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

没頭

Comentarios


bottom of page