top of page

よーし!悪戦苦闘してるな♪

塾講師として、どういうときに一番やりがいを感じるかといわれれば、

「生徒が苦闘している姿を見るとき」

です。

(なんだかサディストみたいですが・・・。)

生徒自身のモチベーションと、先生からの「圧」と、友達が醸し出す「場」の雰囲気があいまって、

「やばい」と思い(彼ら彼女らの言葉でいうと、「終わったー」)、焦る。

一生懸命考える。簡単にはわからない。

「わかんねえ」とか言葉がもれる。でも諦めているわけではない。

自分に苛立ちもする。でもそれは解こうとしているから。

簡単に済まそうとしないで、ちゃんと問題に正対しているから。

若者のそんな一生懸命な場に立ち会えることは、塾講師として冥利であると思います。


中1英語、疑問文の練習(復習)で1時間使いました。

beと一般動詞の区別。さらに後者の、三人称単数の場合。Areを使うのかIsを使うのか、Doを使うのかDoesを使うのか。

なかなかの苦戦。

最後に作文も。自分がビリになっちゃうかも、と焦る子も。

大変だけれど、楽しそうでもありました。

良き良き。

今後もどんどん、脳みそに汗をかいていこう。


閲覧数:15回0件のコメント

コメント


bottom of page