top of page

アドバイスぅ?楽しようと思っちゃあいねえかい?

忠告を求める者は目先きがきかず、与える者は僭越だ



ゲーテはこう言ったそうです。

(『ゲーテとの対話(中)』岩波文庫、1968)





超訳すると、



「アドバイスを求める者は自分での考えが足りていない。アドバイスしようとする者はごう慢だ」



という感じでしょうか。









僕は人にアドバイスを求めることがあまりありません。



「研修」や「講演会」に行くこともあまりしません。




昔は



むしろよく出かけて行って、



一生懸命メモとか取っていたクチですが・・・。








その理由は、まず、



時や場所・背景が違うと、こちらの状況にうまく合うことがあまりないから。




たいていは



「ためになった✨」



・・・という気分だけで終わることが多かったです。








もう一つは、



手軽に答えが得られると思っちゃいけない



と思うから。




アドバイスを受ける前に



自分で考え抜くべきだと思うから。






可能な限り



自分(たち)で答えを見つけるべき。






「すごい」と思う人はいっぱいいて、



アドバイスも得ようと思えば得られます。




でも、



そういった人たちは、自分で考え抜いて、自分で道を切り開いた人たちだと思うのです。






そういった人たちの熱量



思考の量



行動量



を考えると、



「アドバイスを受けるレベルに達していない」



とたいていは思わざるをえません。






ろくに自分で考えも行動もせずに



軽々しくアドバイスを求めるなんて失礼でしょう。







結局のところ、



僕がアドバイスを求めるのは、



①特定の事案について



②自分なりに調べ抜き、考え抜き、やってもみた結果、



というところでしょうか。








子どもたちに対しても



もちろん最初は教えなければならないし、



固まっている子には



「わからなければ質問を」とは促す必要があるので、



さじ加減が難しいところではありますが、





やはり



「自分で考え抜いてから」



そこが基準ですね!





閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

没頭

Commenti


bottom of page