top of page

オンライン授業

私は、全国の色々な個人塾のホームページやブログ、YouTubeを毎日見ています。

尖った個人塾さんの書いていること、実践されていることを、少しでも参考にしようと研究させていただいています。

特に私が参考にさせていただき、

私が勝手に「師」と仰いでいるある塾さんのブログに、こんな記事がありました。


(以下要旨を引用してあります。)・・・・・・・・・・・・・・・・・


これからの自然環境や、次の新たなパンデミックなどを考えれば

オンライン授業の仕組みは「あったほうが良い」ものではなく、 「無ければ困る」 くらいのものになっていくだろう。

しかし メリットばかりじゃない。

やはり「学力の落ち」はある程度見えてきた。

通塾時間を「ゼロ」にできて、その分時間が増えたのは良い。

でも逆に「気持ちの切り替え」ができなくなってるんだろう。

何事も「気持ち」は大事。

家じゃなくて塾に向かう という行動が、その気持ちのスイッチを入れるということだろう

この「気持ちの切り替え」の部分を保護者の方々が担っているケースも多い。

しかし、(以下略)


(引用終わり)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そうなんですよね。

(特に)勉強の苦手な生徒さんの場合、オンライン授業で、成績を上げられることが(まだ)想像ができないのです・・・。

「教室に来る」「私からの圧を受ける」「みんなと一緒」というような要素がない状態で。


結局今回もオンライン授業は、(ごく一部で実は行いましたが)やらずじまい。

でも、送迎にかかる保護者の負担や、過疎化・少子化等を考えると、今後このままでいいはずはないことははっきりしています

とりあえず、やれることからやっていきます(いきなり飛躍というのは難しいものですからね。)

オンライン授業のために、ということをきっかけにLINEで生徒さんとつながり、「毎日英作文」を始めたように。


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

肌感覚

没頭

Comments


bottom of page