top of page

チャンスはいつだって。

「本番」



その勝ち負けは、



本番やその直前ではなく、それより前(つまり「普段」)で決まっていると、



僕は生徒にも保護者様にも常々言っています。





やり始めるのが



早ければ早いほど勝ちです。




そりゃあ、



その分積み重ねたものがあるのですから。









じゃあ、



「出遅れてしまった」子に



「チャンス」はないのか?



僕は全然そうは思いません。







今日、勉強苦戦組の中3の一人が、



学年末テストの結果を教えてくれました。



英語・数学がめざましい成績で驚きました。



理科・社会はというと・・・で、「英語と数学しか勉強しなかったから」とは言っていましたが。でもそれでいいんです!








「もうこの時期に頑張ってもねえ・・・」



「中学も終わりのこの時期に、色々やってもしょうがない」



「とりあえず(文法とか勉強したって覚えられやしないから)単語でも覚えなさい」



そういう考え方を僕は採りません。







今日も粛々と。



基礎をコツコツとやってもらうのみ。



これまでと何も変わらず。



大事なことを、



何度だって勉強してもらうのみです。







中学の



最後の最後で輝くことだってあるから。




中学を出てから



輝く可能性だって全然あるから。


河津桜、昨日撮影。今日の雨と風でだいぶ散ってしまったかも・・・。

閲覧数:43回0件のコメント

Comments


bottom of page