top of page

テストの結果は、100%フェア(公正)なものである。

誰しも、テストの結果に対して


言い訳や文句を言ったことがあるでしょう。




凡ミスをしてしまった


異様に問題量が多かった


先生の出題が意地悪で難易度が高かった


問題が悪かった(苦笑)


範囲じゃないところが出た


ここが出るとは思わなかった




・・・





悪いけど、



これらの言い訳・文句は全部反論が可能です。




練習が足りなかったんでしょ?


間違えたところを繰り返し自分に刻み込もうとした?


範囲の隅々までやっていなかったんでしょ?


隅々まで理解して覚えようと努力した?


大事なところが本当はわかっていなかったんでしょ?




全力でテストに向けて臨んだ?




「先生の出題が悪かった」?


「難しすぎた」?




なら、みんなの得点も悪いでしょう?


平均点よりはるかに下回る理由にはならないでしょ笑?





そんなことを言っていると、



就活をしても、


仕事をしても、


他責と


言い訳ばかりする大人になっちゃいそうですね。







結局、


(ほぼ)100%


これまでの努力に見合った結果なんです。






その時間に突然具合が悪くなって、力を出せなかった・・・


ということもあるし、


選択肢の問題でマグレ当たりした、


なんてこともあるから


完全に100%、


とは言いませんが。







だから、僕は嘆きません。


出るべくして出た結果だから。


(大体予想もつきます。)


文句も言わないし説教も垂れません。


振り返りもあまりしません。






嘆くなら、


自分の努力不足をなんとかしなきゃ、


と奮起しないと。



次に向けて歩き出さないと。

朝の海。見えている島は利島(としま)です。

閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

肌感覚

没頭

Comments


bottom of page