top of page

中1も中2も勝負の夏

じっくり育てる。

ということがなかなか許されないのが私たちの仕事ですが、

そんな我々にとって、次のテストまでしばらく間が空く夏は、貴重な大チャンスに他なりません。

特に中1英語。

これまで蓄積されてきた(&概ね妥当と思われてきた)文法事項の教える順序が、新しい教科書では、言ってはなんですがズタズタにされてしまっています。

生徒も、私も、翻弄された感は否めません。

今が貴重な立て直しのチャンス。

まずは一般動詞とbe。

その土台をしっかりさせた上で、5W1H(疑問詞)を加えた疑問文。この練習をここ1か月近くやり込んでいます。

で、教科書を見ると前置詞がたくさん使われ始めたので、それらについて1回まとめて説明。並行して実際の文章を読む練習。

次回は命令文。

そのあと三人称単数現在。・・・

夏の間になんとかこの子たちの英語の基礎を再構築し、攻めの態勢の準備を整えなければ。


夏期講習も変えます。

これまで夏期等の講習では、多くの塾と同じように、既習知識の総復習みたいなことをやってきました。

今回からは、講習の時間は、通常と同じ授業をする(つまり先に進む)ことに充てます。

余裕をもって2学期を迎えられるようにするためです。

(大体、既習事項の総復習なんてのをやってみても、夏が過ぎたらまた忘れるだけということが多かったです。)

時間は有限。

中1も中2もこの夏勝負をかけます。


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page