top of page

中1夏期講習

ヒートアップしてきましたね。

暑さも、東京オリンピックも(?)、コロナの感染拡大も・・・。

河津町内でも一昨日・昨日と1名ずつ感染者が判明し、静岡県では蔓延防止重点措置が取られることが決定したとのことで、不安な状況が続いています。

それにしても・・・私は東京や埼玉のいくつかの個人塾のホームページやブログを毎日拝見して、参考にさせていただいているのですが、

どの塾をみても、「普通に」、授業をやっているようです。

オンライン授業に切り替えた、などというのは皆無。

いい悪いを言うことはできません(まして私は同業者ですし)が、これは「宣言慣れ」「感覚がマヒ」あるいは「そうは言ってられない状況」、でしょうか。

当塾は少人数なのであまり密にならない状況ではありますが、換気、消毒、検温を続けつつ、先を注視していきたいと思います。


さて、夏期講習が進んでおります。

夏期講習といっても、当塾のそれはいつもの授業と同じで、基本を重視して先へ先へと進んでおります。

中1英語は、疑問詞・命令文などを勉強したのち、三人称単数現在まで進みました。

この後はちょっと先回りして過去形に入ります。(そうしないと、教科書にUNIT5に突然過去形が登場して、なんのこっちゃということになりそう・・・。)

数学は、方程式の文章題と格闘中。計算の力と、「文を式にする」練習を重視。


一方で、後から入った生徒たちには土曜日に補習を受けてもらっています。

英語は、一般動詞とbe動詞の使い方の区別。

数学は、正負の加減および四則計算。

これらは、今後の勉強のために、あやふやな理解ではすまされないところ。

絶対に譲れないところ。

テストしてこれらが会得できたと判断したところで補習はそれぞれに終わりにしています。

中1は、幸い比較的人数がいて、仲間と一緒に頑張る雰囲気ができています。

恵まれた環境の中で、しっかり勉強の基礎体力をつけよう!


閲覧数:9回0件のコメント

コメント


bottom of page