top of page

中1英語、慎重に始動

3月末のお休みを挟みまして、4月1日より2021年度の授業を開始しております。

新中1も新メンバーを迎えて、いよいよ中学英語の勉強を始めました。


新しい中1英語においては、しょっぱなのUNIT 1の、part 1(つまり最初の1ページということですね)に


・動詞には「be動詞」と「一般動詞」がある

・be : am, are, is の3つがあり、「~です」という意味。主語によって使い分ける

・be動詞の否定文の作り方

・一般動詞(like, playなど)

・一般動詞の否定文の作り方


これだけの内容(!)が盛り込まれているようです。

(ちなみにpart 2ではbe/一般動詞の疑問文、part 3ではなぜかcanの肯定文・否定文・疑問文を学ぶことになっています。)

これらは、すでに小学校で学んだからさらっと行く、という趣旨のようです。

しかし実態は・・・。

さらっとやるなんて無理です。


しばらく塾用教材からも離れることにしました。

第1回は、

・英語の文は、主語→動詞(→その他) という順番。これ鉄則なり

・主語→一般動詞 の文をたくさん作ってみよう

・主語が三人称単数のときだけ、動詞にsがつくよ

ということだけやりました。

次回は、一般動詞の疑問文と否定文に行きます。

そのあとに、be動詞。そしてその疑問文と否定文、という予定です。


英語の最初の、一番のヤマといえる、beと一般動詞の区別。

どれだけの生徒が、中3になっても、「You are use」とか書くことでしょうか。

どれだけの生徒が、文法事項をたくさん習うにつれて、最初が主語で次が動詞、という鉄則を忘れることでしょうか。

さらっと済ますわけにはいきません。

しばらく教科書の順番や、教科書準拠のテキストから離れて、基本を固める・叩き込むのに専念することにします。

その方が、英語の勉強の王道だと考えています。



閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

肌感覚

没頭

Comments


bottom of page