top of page

中3からじゃ遅い。

まもなく夏期講習が始まります。

中3はいよいよ受験生!

夏こそ受験の天王山!!

・・・って、多くの人は思うのでしょうし、

東京とか埼玉とか神奈川は実際そうなんでしょうね。


でも、私の感覚は、「いやー・・・別に?」

これです。

おい、塾講師が何を言うか?!

と思うかもしれませんが。

少子化が進み、近隣の高校も軒並み定員割れし、今日の伊豆新聞にあったように再編も検討されている現状で、

「高校受験というゴールを目指して、燃えよっ!!」

なんて現実離れしたことを言っている場合ではないのです。

高校受験?ちょっとした通過点て感じですかね。


そんな賀茂地区の中学生たち、

「受験生だから」、と中3になってからいきなり頑張りだそうとしても、

まあちょっとキツいです。

中3になってから頑張らせようとしても、あまり期待できないです。

それまでまったりやってきた蓄積がデカいから。

私にとっては、勝負は中1、中2のうち。絶対的に。

中3からは、理想を言えば、もうでき上がった状態になっていて、ガンガン自走していってほしい。


ただ、高校受験たってぶっちゃけ大したものじゃないから、

中3そんな頑張らなくてもいいよ、それは違います。念のため。

そういう子は、高校からの勉強で撃沈しちゃうと思うから。

「まー下高出れば・・・」「稲高で全然勉強しなかったけど、地元で楽しくやってるよ?」

そんな昭和平成の呑気な時代は、終わったんですってば。


閲覧数:27回2件のコメント

最新記事

すべて表示

肌感覚

没頭

2 comentários


コメントありがとうございます。

まー人間、「役に立つ」から「やろう!」ってなって、継続してやれるかというと、なかなかそうはいかないもので。

Curtir

篠原洋介
篠原洋介
08 de jul. de 2022

「勉強する習慣」は身に付けておくと、将来役に立ちます。結局大人になっても、仕事に関係する勉強はし続けなきゃいけないから。私は学生時代勉強してこなかったから、今苦労してます(笑)

Curtir
bottom of page