top of page

中3は職業体験か・・・

職業体験。


僕は「体験」したことはないので、


子どもたちにとって


しんどいものなのか、楽しいものなのか


よくわかりません。


(ちなみに息子の代にはコロナの影響で行われませんでした。)




場所によっても、その子の気持ちによっても違うでしょうね。




でも、


普段の授業がなくて、


よそに出かけるわけで


遠足みたいな非日常感は、多分あるでしょうね。



「仕事」が早く終わって、早く家に帰れる子もいるだろうし♪






さて、2学期。



それはこの地の中3(の一部)が、


「フッ」


と緩んで失速するとき。


もうちょっというと


グダグダになるとき。


毎年そうです。





「受験生じゃないのか」って?


いやいやいや。





部活もなくなり、


学校行事が次々にあり(運動会、合唱コンクール等)、


9年間続いてきた勉強も


先が見え始めて、


で、


少子化


定員割れ。



まあ、緩むのも当然の理なのです。





そんな中


華金でのんびりしようとしているさ中の子たちに


まるで空気を読まずに


今日も「毎日英作文」「毎日音読」を


僕は送ります。





どこ高校に行こうが、


僕は知ったことではないよ。


「高校受験対策!」なんて旗印は、


うちの塾はとうに下ろしたよ。


いや、初めから掲げていないよ。



どこ高校に行こうが、


最低限のお勉強と


がんばる習慣みたいなのは、


できるようになって送り出したいだけ。


高校から先の方が、大変なんだよ・・・。





うちの塾にいる限りは、


がんばってね。


閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

肌感覚

没頭

Comments


bottom of page