top of page

中3生が頑張るべき理由。

更新日:2022年11月12日

うちの塾は、


もう高校入学をゴールと捉えていません。


高校入試なんてどうでもいいとは言いません。


もちろん、大きな節目です。


でも、近隣の高校入試の実態は・・・もう知っての通り、どこも定員割れです。


それが見えていないほど私も非合理的ではありません。




問題は高校に入った後です。


私に、手取り足取り教える余裕は、なくなってしまいます。


部活も忙しいし、勉強も一つ上のステージに行きます。


補習なんかもうしてあげられません。


大学に進学希望なら、内申よりも実力が重要になります。


推薦をもらっての大学・短大・専門学校・就職希望なら、


その推薦こそ定期テストの成績順で決まります。


高校に入ってからこそ、しっかり勉強に食らいついて、上位を目指さないと。


それは、「自学できる力」「自学できる習慣」なしにはできないことです。


初めはヘタクソなよちよち歩きでも、自学の経験を積んでいかないと、できるようにならないです。


そして、学力は、今のうちにできうる限りつけておいた方がいいに決まっています!




私が中3生たちにハッパをかけ、


授業や自習や毎日の自宅学習を頑張ってもらっているのは、


そういう理由からです。



あ、


これはあくまでも私の価値観です。


そうじゃない価値観も全然アリで、そっちの方が正しいかもしれません。


でも、うちにいる限りは、


これまで何年も在籍してくれた中3生といえども


最後まで、


弛むのは許さない所存です。


閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page