top of page

公立高学力検査お疲れ様でした。

昨夜早速英語と数学を解いてみました。

英語の問題が今年も難化した。というのが大きな印象です。

多岐にわたる単語や表現をしっかり身に付けていること

そして、知らない単語が少しくらい出てきても文の流れが理解できること。

そのような力が求められる、かなりハイレベルな問題だと思いました。

例えば、chooseという単語を知っている受験生はあまり多くなかったのでは。しかしそれが選択肢の中で正解という問題がありました(でも、他の選択肢が、文脈からは明らかに違うぞというように作問されていました)。

作文も、一筋縄ではいかない問題だったのではないでしょうか。


大学入試での英語の「改革」は迷走気味ですが、英語の試験が高校でも大学でも確実に難化する傾向にあります。それに立ち向かう武器は、やはり単語・語彙力でしょう!


閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page