top of page

冬休み中の予定ができました。

あれはもう6、7年前でしょうか。


まだ私は中学校教員でした。教員生活最後の年でしたか。


正月私と家族は帰省し、妻の実家にも正月のあいさつに行きました。


義理の姉の家族と毎年お会いするのですが、


その年、その家の子が中3で、受験生でした。



聞けば、


12月中は大みそかも毎日朝8時から夜7時まで塾。


新年も元旦は朝8時から夜7時まで塾。


確か二日がお休みで、その日に会うことができました。


三日からはまた朝8時から夜7時まで塾。


学校が始まるまで朝8時から夜7時まで塾。



私は、正直引きました。


都会ではそこまでやらないと、公立高に受からないものなのか?!


そんなに長時間、いったい何の授業をしているのか??





今は私の塾の人間になり、


その塾の意図もわからんではありません。


勉強量、勉強時間が、何よりも大事だということ。


でも、難関大学受験ならともかく、義務教育の内容ではないか。


まだ年端もいかぬ子どもたちを、そこまで血眼にさせるのはどうなのか・・・いまだ違和感はぬぐえません。




・・・・・・・・・・・・・・・




さて、当塾もやっと冬休み中の予定ができました。


12月号のおたよりでお知らせを始めております。


中3の冬期講習については、


ヌルくはしたくない一方で、理不尽な苦行みたいなこともしたくないので、


日程や内容について大いに考え直しました。


いっぽうで中1、中2は、明けてすぐ県学調があり、


そのための勉強が必要な期間になります。


そのような日程の取り方を考え迷っていたら、遅くなってしまいました。


明日以降に掲載させていただきます。


閲覧数:23回0件のコメント

Comments


bottom of page