top of page

叱るということ。

私は、


極力


叱らないようにしています。


いや、もとは割とすぐにイラっとする性格で、


しかも悪いことにはそれがすぐ表に出てしまう、


はては抑えられずにむき出しで態度や口に出してしまう、


それで失敗したことも多々(子どもに対しても、大人に対しても)


なので、


極力叱らないようにしているのです。






生徒に対して、私が極力叱らないようにしている一番大きな理由は、


生徒の心が折れるから


です。




理由があって、その教科、あるいは勉強全体がわからなくなったのでしょう。


負の連鎖で、無意識にかもしれませんが、やる気も起こらないのでしょう。


何をやっていいかもわからないのかもしれません。


これまで多くの大人に怒られてきたことでしょう。


今も毎日、怒られているかもしれません。


それでも、一縷の望みがあるから私のところにきているのでしょう。




それを、私が叱りつけたり、がっかりした態度を見せたりしてしまったら・・・。


一度折れた子どもの心を修復することは、困難を極めます。







あと、上記のことと重なりますが、


イラっとすると声を荒げてしまいます。


すると多くの子たちは


パニクってしまうのです。


私はまったく強面ではないのですが・・・。


こうなってしまうと、冷静に考えるどころではありません。


オロオロして、


わけわからなくなって、


その時間までその子がその子なりに考えていたことも、


すべてぶち壊し、です。






・・・それでも私もイラっとしてしまいます。


イラっと来るツボは何か、自問自答してみて、


「そんな甘い姿勢で、その問題が解けるわけないだろ!!!」


なんでそこにヒントもあるのにお前はそれに気づかん(涙)!!!」


「なんで、もっとあがかないんだ!!!なんで自分で自分を支えようとしないんだあ!!!」


などと感じたときかな、



思いました。




というと、


なんだか熱血教師のように思えるかもしれませんが、

(そして、時には、信頼関係があれば、そのような叱りも有効かもしれませんが)


これとて教師の勝手な感情。


それを後先も考えずに


子どもにぶつけるのは、


決して良いことではありません。





昨日も、


ついついイライラを隠せず、声も荒げてしまった気がする。


反省しきり。


閲覧数:24回0件のコメント

Comments


bottom of page