top of page

国語の授業は楽しい♪

当塾では、小学生に国語の授業を行っています。

試行錯誤の末、国語教育では有名な「出口式」の教材を利用しています。


「国語の力はすべての教科の基礎!」とかよく言われますよね。

その通りだろうと私も思います。

そんな国語の力を高める勉強と言えば、真っ先に「漢字の練習」が思い浮かぶかもしれませんが、

漢字も大事、語彙も大事だと思うんですが(言葉を知らなければ思考しようにもできないことは確かです)、

私の授業では時間がもったいないのでそれのドリルみたいなことはしません。

大事なのはそれだけではないと思います。

中学生とかを見てきた私の実感からそう思います。

うまく表現できませんが、理屈や論理を操る力というか。

書かれていることをちゃんと読み取り、問いに正対した答えを紡ぎ出せる力というか。


大事なのは、その勉強を無味乾燥なものにしないこと

そこに一番気を払っているかな・・・。


実際のところ、毎回小学生の国語の授業は楽しいです。

文学的な国語に比べて論理的な国語はつまらない、

みたいなイメージがあるかもしれませんが、案外そうでもないです。

子どもたちを見ても。

身近な素材(日本語)を使ってのいい頭の体操になっているんじゃないかと思うんです。


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

肌感覚

没頭

Comments


bottom of page