top of page

坂内、充電中♨

ゴールデンウィーク初日の5月3日(水)、


家族で日帰りの天城山縦走をしてきました。



コースは、


河津駅からバスに乗る

 ↓

乗り換えをして八丁池口までバス

 ↓

その後徒歩で、八丁池~万三郎岳~万二郎岳と歩き、天城高原ゴルフ場に下山(約6時間)

 ↓

バスで伊東駅へ。駅前で共同浴場に入って、電車に乗って帰る


というもの。




実は大学時代私がやっていた部活は


「ワンダーフォーゲル部」(要は山登り)。


妻も別の大学でワンゲルをやっていました。


最近はまあ全然ですが、


それでも年に何回かは山を歩こう、ということにしているのです。




絶好の天気に恵まれ、


新緑や


咲きかけのツツジ、シャクナゲなどを


大いに楽しむことができました。





ところで


新鮮だったのが、


河津駅からバスに乗ったこと。



いつもの町なのですが、


バスに乗って


ゆーっくり揺られるていると、


普段と違って


ちょっと不思議な感覚。


「あっ、塾ののぼり少し色あせてるな」


と気づいたり。


視線を変えると、とはまさにこのこと。



最初のバスの運転手さんに、


「バス停のちょっと先まで行きますねー」と、


乗り換えやすいところで降ろしてもらったり。


そんなことが


なんだか身に沁みました!



自分の住む町で、


一瞬観光客になり、


観光客の方やバス会社の方の目線をちょっと体験した気がして、


新鮮でした。





天城山系は、


ブナの原生林が美しいので私は好きで、


毎年どこかには登ります。



ブナ、というと


東北の森のイメージが強いかもしれませんが、


南国伊豆の天城山系にも美しいブナの巨木がいっぱい


あります。




伊豆は、そんな美しい自然(海や温泉も)が


なんといっても一番の「名所」「魅力」で、


そういうもので心身を癒そうという観光客の方々に支えられている、


忘れちゃいけないよなー、



とか、普段あまり思わないことを思いました。




皆さま楽しいゴールデンウィークを!


閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page