top of page

塾の先生も、日々勉強です。

最近、中学レベルの理科を勉強し直しています。



まことに恥ずかしい話ですが、


物理か化学か、


高校で0点


を取ったことがあるくらい、


理科は苦手です。




高校を卒業してから、


いや、高校の途中から


理科はかかわりを持たなくなり、


そのまま20年以上生きてきました。





現時点、弊塾では英数(+小学部の国語)以外の講座は設けていませんが、


やはり


中学生の5教科ぐらい


知っていて、教えられないと、


と現場的に思うようになり、


勉強し始めました。





しかし





問題文パッと見る。


ハイ、知らない言葉だらけ。


冗談でなく参考書で一語一語調べる


えーっと、あれどこに載ってたんだっけ?




いったいなんなんだこの実験は?


酸化銅と炭素の粉末を混ぜて熱を加える


って、一体なんのためにそんなことを???


ムクムクとわきまくる疑問。



問題文や絵や表が一体になったかたまりを見るだけで


なんかもう、高い高い壁


草木が繁茂して収拾のつかないヤブ


を目の当たりにしているような気持ち。


当然、避けたくなる。




・・・そんなことの連続です。




それでも


プライドも何もかなぐり捨てて


何回も何周もやっているうちに


最近


「ああ、これはあの実験ね♪」


という回路が少しずつできてきました。





一応、


理系の人や学問に対しては


「自分のできないことができる。すげー」


「これが人類に役立つ科学につながっている。すげー」


というリスペクトの気持ちは昔からあるんです。



だから、


最低限のことはちゃんと勉強して知っておきたいと思います。






あの子やあの子やあの子も、


英語や数学や国語の問題を見ただけで


こんな気持ちなんだろうなあ


とも、最近思うようになりました。





今日英語の問題で途方に暮れていたあいつも。





得意不得意


向き不向き


あるのは仕方ない。


いや、あって当然!




苦手な分野の代わりに


得意な分野を伸ばせばいい。





でも、


せめて英数で


「しんどく、辛かった・・・」


「わかんないのに怒られてばっかだった・・・」


という印象のみをもって学校を卒業する、


なんてことにならないようにはしたいです。



ちょっと頑張れば


中学までくらいのレベル


そこそこ行けるものなんだし。






今日のブログは、


ちょっと躊躇しましたが、


恥を忍んで書きました。




中3、学調の勉強がんばれ!!!


閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

没頭

Comments


bottom of page