top of page

塾講師の「説教」

夏期講習2週目。今日も粛々と。

ペースはゆっくりめ。

先に進みまくりたくて気がはやるのですが、子どもたちにとっては新単元だし。


ところで、

いい加減というかテキトーさ(←勉強に関して)が服を着たような子、

やっぱいるんですよねえ。

今日その子に対して、声色を変えて(落ち着いたトーンで)

「あのさ、勉強が将来役に立つかどうかは、わかんないけどさ、

物事をいい加減にやっていい、テキトーにやっていい、

って態度は、やっぱ、ダメなんじゃねーの?

それで中学出ることになるのはさ?

いくらヘラヘラ愛想よくしてても、ダメだよ」

と言ったら、

周りにいた他の子もシン、  となっていました。

クダクダ続けないことが説教の要諦。

それで切り上げておきました。


我々塾講師は、学校の先生と違って、人間教育だの全人教育だのをする立場ではありません。

大して社会も知らないのに(ましてやこれからの不確実な世の中を)、えらっそうに人生論を語る分際でもありません。

私たちが「教え」られるのは、お勉強だけ。

でも、勉強の場では、1秒だって中身のないことをやりたくないこだわりはあります。

届いたかなあ。

どうだかなあ・・・。


閲覧数:20回0件のコメント

Comentários


bottom of page