top of page

塾講師の朝

塾講師の授業は夕方から。

午後からの仕事です。

ときどき、塾の先生は日中(午前中)は何をしてるんですか?と聞かれることがあります。

私は・・・主に畑をやってます!

もともと妻が稲取で土地をお借りして始めたものですが、私が手伝っているうちにハマり、今は午前が空いている私がほぼ面倒を見ています。

といっても家庭菜園にすぎませんが、これが結構忙しいです!

キュウリやカボチャは小さいうちはウリハムシに食われないようにしないといけません。

カボチャやズッキーニは朝のうち(日の出の後3時間以内だそうです)に受粉させてやらないといけません。

ナスやピーマンは脇芽をとらないとといけません。

トウモロコシが実ってくると、ハクビシンに食われるので、防護しないといけません。

とにかく雑草はどんどん茂ってくるので草刈りをしないといけません。

タイミングや野菜の状況を見て肥料もやる必要があります。

そういう諸々のためには、やはり毎日行って、見ないといけません。

・・・

夏は朝涼しいうちの作業がいいこともあって、最近は5時もしくは6時に起きて畑(あと、実は伊東市の池というところで田んぼもさせていただいていて、それも色々手間があります)に行き、帰ってから朝ごはん、という日々です。

家族はそんな私を「ストイック」と形容しています。


作業をしながら、

「植える前の土が貧弱だったり、小さい時に手をかけなかったりするとやっぱ貧弱にしか伸びないのであって、その段階になってから慌てて肥料とかやってももう遅い。・・・成績と同じだなあ

「手をかけないとダメだが、いい子いい子しすぎても弱い野菜が育つはめになる。・・・子どもと同じだなあ

「やはり、毎日行って、よく見るという労力を欠かしてはならぬ」

とか、いつの間にやら考えています。

趣味のはずが(実際気持ちがせいせいするし、いい運動にもなるのですが)、

いつの間にやら仕事みたいになったり真剣勝負になったりするという、

なんとも貧乏性な話です。

そんな話をすると「売れば?」とかすぐ言う人もいますが、とんでもない。

ビジネス書か何かの読みすぎ笑。

そんなに簡単に「売れる」レベルになんか行きませんから。


でも、最近2人のアスリート(格闘家の方と、陸上選手の方)が、別々の媒体で

「趣味は釣りで、リラックスするものでもあるが真剣勝負でもある」

「戦略が大事で、なんとなくやっていて結果など出ない」

「僕の中で釣りと格闘技は同じ」

と、よく似たことを書いていて、おもしろいと思いました。

私?もちろん私とはレベルが違いますが。

さあ、今週もあともうちょっとがんばろう。


閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page