top of page

大人が諦めてはいけない。

保護者の皆様のサポートにはいつも本当に助けられています。


例えば、


毎日英作文のやり取りを、いつもお母様のLINEを経由して


させて頂いている家庭。



生徒本人もLINEを持っているのです。


でも、子どもに任せるだけではまだ不安で、


提出をサボるかもしれないから、


お母さまがそれを防ごうという考えなのだと思います。



毎晩毎晩、さぞ煩わしいだろうと、本当に恐縮に思います。




他にも、補習等で毎日のように塾に送迎するのを、


快く承知してくださるご家庭。



これも本当に、お願いするときにはビビるくらい恐縮しています。





弊塾には「退塾制度」があります。


義務教育機関ではないので、


やる気がない場合には退塾をお願いすることもできます。


でも・・・




中学生の多くの場合、みんな未熟なんです。


そして、保護者様の


何も「いい高校/大学」に行くとかじゃなくても、勉強で少しでも・・・


という、漠としてはいるかもしれませんが切実な願いを感じるので、



退塾制度はよほどのことがないと適用しないのです。




生徒本人が諦めた態度でも、


塾と保護者様が諦めていなければ、どうにかなるものですよ。


閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

没頭

Comments


bottom of page