top of page

天才?いや、やってきた時間が長いだけである(仮説)。

人と比べて



その凄さ・才能豊かさ・多能さに圧倒されて、



自分がちっぽけに思えることって、よくありますよね。







僕自身



「この人あれもこれもできて、すげえなあ。天才だ・・・」



「俺はあれもこれもできない、スケールの小さな人間だなあ」



とか思うことがよくありました。








でも、



最近はこう思うんです。





「色々なことができる人は、そういうことをやらなければならない機会があって、やらなければいけないから頑張ってやって、それをその後も何年も続けた結果、上手にできるようになった(だけなの)ではないか?」




「そうやって色々なことをやっていくうちに、新しいことの吸収速度(効率)や習得のための集中力が高まっていったということではないのか?」



と。




僕自身の少ない経験に照らしても



そんな気がするんです。








もちろん、



生まれ持ったものはあるし、



器用・不器用というのはあるでしょう。








でも、



大体のことは



「いやー、やらなければならなかったんで・・・」



とか



「まあ、続けてきたんで・・・」



ということで結構説明できちゃうんじゃないでしょうか。






今回モチベーションがあることは大前提の話。




彼我を比べて



己に無力感を抱いたり



相手に嫉妬心を抱く前に



「やる時間」をしっかり取ってみましょう。




新しいこと



未知のこと



全然よくわかっていないこと



そりゃあ、時間がかかるに決まっています。





シンプルな話。




「器用」に見える人も、たぶんどこかで時間をかけたはず。




うんと時間をかけてもいないのに



文句や愚痴を言うのはみっともないですね。



閲覧数:39回0件のコメント

Comments


bottom of page