top of page

子どもたちよ、没頭しよう。

苦手だったけれど、


好きでもなかったけれど、


仕方なく始めたけど、


ちょっとやってみたら「ホー」とか「へー」とか


「なるほどー」となって、


やり出したら没頭してしまって、




キリをつけるのもなかなか難しいくらい、



気がつけば時間の過ぎるのがあっという間


もっとやりたい(やらなければならない)から


時間がもったいないくらい



なにせこれまでやっていなかったから、


その分野や単元を調べたり復習したりするのに


時間がもっともっとほしい、



そんな経験、子どもたちにはしてほしいなあ。






大人がそう願っても、


子どもたちを動かすのは「理屈」ではないわけですが。





そのような没頭は、


大人になってもできるし、


もちろん、勉強じゃなくても


スポーツでも音楽でもビジネスでもできます。






でも、


そうですね、やはり「若い時」に


(勉強で)そういうことをした経験があれば、


それはいわば「没頭体力」とでもいうようなものになって、


将来絶対役に立つと思うんです。



閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

肌感覚

没頭

Comments


bottom of page