top of page

字が、汚いんだよなあ・・・

「東大生みんな字汚いぞ」とか言われるかもしれませんが、

ただ汚いだけでなく、しっかり書いていないというか、

力がこもっていないというか、

できない子は、まず大体字がきれいに書けていません。

もしくは、字がびっくりするぐらい小さい。自信のなさの表れでしょう。

男子に多いかな。女子はまた少し違うかもしれません。

(字をただの絵みたいに扱ってしまっている、ということなのかもしれません。)


英語の「要点」をメモさせても、数学の計算をさせてみても、

そこで書かれる文字・数字は、

ただわけのわからない「暗号」を言われるがままにそこに書き入れただけ。

「あとで見返せるようにメモっとこう」という意思もないし、

「計算を間違わないために自分で見やすいように書こう」という注意深さもありません。

自分の書く「字」になんのリスペクトもしていない、そんな感じがします。

書かれている文字情報に対しても、なんの注意深さもリスペクトもありません。

私も字がきれいとは言われない方だし、書道などのことはさっぱりわかりませんが、

「字は体を表す」というのは事実だなと思います。

だから、古い考えかもしれませんが、

「字をきれいに書け」

「単語と単語の間を開けろ!」

「人に読んでもらう字じゃない」

「自分で間違わないように書け。自分で自分の首を絞めてる!」

「大体姿勢が悪い!」

「両手出せ!左手でしっかり紙を押さえろ!」

「書く場所を整えろ!筆箱とか横に!消しカスも横に!」

という指導?を私は結構連発してます。小学生の授業とか、中学生だったら特に補習の場とかで。ただの精神論でもないと思うので。


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page