top of page

学ぶに遅すぎることはない。

本当は、


塾としては、


早くから始めてほしいです。


「ヤバくなる」前に塾に入って、勉強を始めてほしいです。



例えば中学の英語は、


「無茶」と言いたくなるくらい難しくなっており、


私も相当考えて英語学習の方法論を確立してきました。



本当は、


中学の最初の時期から、


フォニックス→一般動詞→be動詞→疑問詞→・・・と、


じっくり、着実に勉強を始めてほしいです。





でも実際問題、


「成績がヤバくなったから(ヤバくなってから)塾に行く」


という考え方は、当然すぎることですよね。



自力で頑張れるなら


塾無しで頑張ってほしい、というのは


ごくごくまっとうなことですよね。



弊塾はそう思うので、


どんな学年のどんな状態の子でも受け入れます。



ヤバくなったらどうぞいつでもご相談を!!!



ただ、


楽ができるとは思わないでいただければ♪


閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

肌感覚

没頭

Comments


bottom of page