top of page

弊塾の保護者様からの、一番多いご要望。

僕は昔、


色々な教科が苦手でした。






たとえば音楽。



今でこそ音楽大好き人間になりましたが、



小学校以降


音符・楽譜はまったく読めず、


リコーダーのどの穴がなんの音なのか


さっぱりわからず。




音楽の授業の前は、小学生なりに


憂鬱


でした♪




みんなでリコーダーを合奏している間、


僕はひたすら吹いているまねをし、


先生にバレないかビクビクしているのですから。




「笛のプリント」の進み具合が遅いと


残って練習させられたり。






そのときの自分を弁護したり


先生に文句を言う気なんて毛頭ありません。




ただ、


さっぱりわからなくて途方に暮れる気持ち


悲しい気持ち


みんなわかっているのに置いていかれている気持ち


迷子になっているような気持ち


やる気がまったく起こらない気持ち




もうぼんやりとしかかっていますが、


僕はまだ思い出せます。





・・・・・






弊塾に面談に見える保護者様が


ご要望として言われる言葉で、


一番多いのは





「そんな、ものすごくできなくたっていいから、学校の授業に普通についていけるようになってほしい。義務教育なんだから、基礎基本はわかってほしい」


です。





これがどれだけ切実なことか。




授業についていけないこと。


子どもたちが一日の大半をすごす学校の授業。


それがちんぷんかんぷんであること。


そのときの気持ち。





時折ですが、


自分の経験をふっと思い出します。




そして、


小学生の算数・国語


中学生の英語・数学


という限られたフィールドですが、


お役に立ちたいと思います!

ワイン色の夕焼け!

閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page